ブラックOK

ブラックでも家を建てる方法|住宅ローンで家が買える可能性を探る

ブラックでも家を建てる方法(住宅ローンで家は買える?)

管理人
管理人

家を買うとなると、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。

ただでさえ審査に通るかどうかが不安になる住宅ローンですが、信用情報がブラックの人の不安は特に大きいものでしょう。

この記事ではブラックでも住宅ローンを組んで、家を買うことができるのかについて、解説します。

ブラックでも住宅ローンで家を建てる(買える)方法はある?

ブラックでも住宅ローンを組める?(家が買える?)

ブラックでも住宅ローンを組んだり、家を買うことができる可能性はあります。

もちろんブラックであることは審査でマイナス評価となりますし、通らないことが多いのが前提です。

ただブラックといっても、人によって信用の度合いに違いがあって、評価についても評価する側によって異なります。

つまり、ブラックでも住宅ローンを組める人と判断されれば、家が買えるようになることを意味します。

大切なのはブラックかどうかではなく、住宅ローンに値する人物と評価されるか否かです。

住宅ローンで家を建てるには審査が不可欠ですから、審査に通りやすい借り方で挑戦するのが、家購入が近づくポイントとなります。

ブラックでも住宅ローンの審査に通る(家を買う)コツ・方法

ブラックでも住宅ローンの審査に通る(家を買う)コツ・方法

頭金を揃えて対策

ブラックでも住宅ローンの審査に通る為には、頭金を十分に揃える対策で審査を受けるのが得策です。

頭金が多ければ多いほど、必要とする融資額は減るので、必然的に審査が通りやすくなります。

手持ちの資金の割合を、融資希望額に対して増やすことで、家を買える可能性が出てきたりアップします。

勿論、ブラックというマイナスポジションからのスタートなので、通常よりも多く資金を用意しておいた方が良いでしょう。

手元にこれだけの資金があると相手に見せることができれば、融資に関して前向きな検討に入るはずです。

住宅に抵当権を設定する

抵当権とは、住宅ローンなどを借りるときに、購入する住宅の土地と建物に金融機関が設定する権利のこと。

引用元:抵当権とは?基礎知識を専門家が分かりやすく解説!【不動産・住宅サイトSUUMO】

新しく建てる家に抵当権を設定することで、融資を行う金融機関にとって比較的貸し倒れのリスクを少なくすることができます。

仮にもし借り主がローンを返済できなくなっても、買った家を売却して返済に充てることができるからです。

銀行などのローンを提供する金融機関は、抵当権によって優先的に返済が受けられるので、リスクが少ないわけです。

裏を返すと、ブラックでも抵当権があればローンの返済に期待できる、そう考えられる可能性があります。

このように、頭金を余裕を持って多めに用意したり、抵当権を設定することで住宅ローンの審査を通りやすくできます。

返済の実現可能性を上げる

返済の実現可能性を上げる

審査に通るかどうかは信用を評価する相手次第ですが、少なくとも頭金や抵当権の対策があれば、説得力が増して家が買える期待が増します。

頭金は確かにハードルが高くネックですが、まとまったお金を相手に見せることによって、安定した収入があることを証明できます。

返済に必要なお金の担保を用意すると、金融機関は返済の実現可能性が無視できなくなるので、門前払いの人でも審査が受けやすくなります。

もともと所有している物件または新しく建てる家に抵当権を設定するわけですが、保全率の高いものほど審査に通りやすくできます。

一般的には、経年で劣化する建物よりも、割と安定的な土地の方が有利とされます。

不動産売買に長けている会社のローンは、利益を期待できる理由でブラックでも通りやすくなっています。

こういったポイントを踏まえ、要点を抑えて申し込み先を絞り込むことで、家が買えるローンの実現を手繰り寄せられます。

ブラックリストとはどんな状態?

ブラックリストとはどんな状態?

信用情報に金融事故の記録があること

ブラックリストは実際にそのような名前のリストがあるわけではなく、信用情報に過去における借入の金融事故が記録されていることをそう呼びます。

例えば、延滞を度々繰り返したり、ローンの返済が遅れて信用に傷がつくなどの状態です。

ローンやクレジットカードは、審査を行う際に信用情報に照会が行われます。

延滞や債務整理の異動情報が記録される

信用情報には個人情報や過去のローン契約、支払いに関する情報と異動情報などが記録されます。

異動とは延滞や保証の履行に破産と、融資を提供する側にとってはネガティブな情報です。

債務整理関連の情報も記録されてしまうので、お金に関する借り入れ状況が全て見られます。

借り入れの実績がない人は、それはそれで信用が小さいですが、ブラックリストは借り入れ実績があると共に信用が致命的です。

その為、少額を借りようとされるだけでも審査で弾かれてしまいますから、傷ついた信用を取り戻すことが不可欠な状態ともいえます。

ブラックの住宅ローンの審査は厳しい?

ブラックの住宅ローンの審査は厳しい?

ブラックへの融資は慎重に審査

住宅ローンは融資の金額が大きいので、ブラックだとそれだけ金融機関は慎重に精査したり融資の可否判断に時間を掛けます。

明らかに返済能力がなかったり、返済の意思が感じられない人は、直ぐに融資の否認が判断されるでしょう。

過去に起こした金融事故が小さい人だと、審査してもらえる可能性はありますが、それでも家を買えるかどうかといえば厳しいです。

信用情報の回復を待つ

ブラックの人が住宅ローン審査の通過、住宅の購入を目指すには、信用情報の回復を待つのが有効な手段です。

信用情報が回復するまでの期間は、通常最後の返済日から5年といわれているので、5年間待つことで審査が通る可能性が高まります。

ただし、裁判に持ち込まれると信用回復までの期間が10年延長されてしまい、信用が戻らないこともあります。

そのような状況に陥らない為には、誠意を見せて信用の傷を最小限に抑えたり、ブラックでも可能性のある住宅ローン審査に挑戦するのが現実的です。

フラット35はブラックOKで審査が甘い?

フラット35はブラックにも審査が甘い?

フラット35とは、住宅金融支援機構が提供する長期固定金利の住宅ローンです。

比較的に通りやすい住宅ローン

フラット35はブラックでも審査に通る可能性があるといわれているので、数ある住宅ローンの中でも甘いイメージです。

金利も1.300%~2.030%(2020年5月)と低金利となっています。

ただフラット35も信用情報の照会を行うので、ブラック状態で無条件に審査に通るわけではありません。

住宅金融支援機構が照会する信用情報はJICC全国銀行個人信用情報センター(KSC)なので、これらの情報にネガティブな記録がなければ良い答えの期待が高まります。

債務整理などを経験すると、向こう5年間は事故を含めた信用情報が残りますから、5年の経過を待つのが賢明です。

参照:住宅ローン:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

ブラックで審査通過のケースもある

ただフラット35は債務整理から5年が経過していなくても通過したケースもあるので、現在ブラックで住宅ローン審査を検討している人におすすめです。

ブラックなのにフラット35だと結果がOKになるのは、頭金などの自己資金が多く、収入に不安を感じさせない安定した企業に勤めているなどの理由が挙げられます。

そしてフラット35はローンを組む人よりも物件の価値を重視する傾向がありますから、民間の金融機関と比べて人の審査が甘いとされています。

住宅金融支援機構【公式サイト】はこちら

まとめ

ブラックの人は住宅ローンの審査に通るのが難しいですが、可能性はあります。

対策として考えられるのが頭金の用意と抵当権の設定です。

頭金は多ければ多いほど審査に通りやすくなりますし、抵当権は保全性の高い家のものであるほど、審査での評価が高くなります。

その他には信用情報が回復するまで5~10年間、住宅ローンの審査を待つという方法も考えられます。

ブラックの程度が軽い方であれば、「フラット35」など各社の判断による住宅ローンに申し込むのも良いかもしれません。

-ブラックOK

© 2020 ブラック融資【公式】 30年後の同窓会でもOKのおすすめ消費者金融