PR

プリペイド携帯は審査なしで持てる?プリペイドsimやどこで買えるかの情報を解説!

プリペイド携帯は審査なしで持てる? 信用情報が不安な方におすすめ

管理人
管理人

こんにちは。サイト管理人の白畑(@dousoukaida)です。

プリペイド携帯とは、前もって料金を支払うプリペイド方式の携帯電話のことです。

プリペイド携帯は、短期滞在の旅行者や着信専用などの用途で活用されます。

プリペイド携帯は購入方法も簡単で即日利用でき、前払いをした金額を越える利用はできないので、子供や使い過ぎを防ぎたい人にも人気です。

この記事では以下の内容について、解説をしています。

  • プリペイド携帯は審査なしで利用できる?
  • プリペイド携帯(スマホ)の審査や購入方法
  • おすすめのプリペイド携帯「リプリモ」の詳細

また、ブラックでも契約できる格安SIMについても紹介するので、合わせて参考にしてください。


プリペイド携帯は審査なし?

プリペイド携帯は審査なし?

プリペイド携帯は通常の携帯電話・スマホのような審査をせずに持つことができます。

基本的に信用情報や属性の審査はありませんが、その購入方法や手続きについて詳しく見ていきましょう。

本人確認書類の提出は必要

プリペイド携帯の利用に契約が必要かどうかはモノによりますが、悪用を防ぐ為に本人確認書類の提出が求められます。

総務省が2006年に「携帯電話不正利用防止法」を施行し、それまで犯罪に使われる事の多かったプリペイド式携帯にも本人確認の徹底を義務付けたためです。

ただし、審査なしのプリペイド携帯だと銀行口座もクレジットカードも不要ですから、ブラックで通常の携帯の契約が難しい人でも安心です。

審査落ちの心配がない安心感は何ものにも代えがたいので、改めてプリペイド携帯は魅力的だといえるでしょう。

プリペイドSIMならコンビニや家電量販店で買える

コンビニや家電量販店で買える

プリペイドSIMは、端末を自分で用意できる人におすすめで、どこで買えるかというとコンビニや家電量販店で販売されています。

プリペイドSIMの場合、電話番号付きで、審査なし・提出書類なしで簡単に持つことができますが、それとは別に端末を自分で用意することになります。

プリペイド携帯は審査なしで特別な契約は不要ですから、当然ながら違約金が発生する恐れも皆無です。

使う予定の分だけ、前払いで料金を支払うのがプリペイド携帯なので、利便性が高く確実に利用できるので便利です。

審査落ちはブラックの人でも精神的にきますから、審査を受ける度にネガティブになったり、審査なしならどれほど良いかと思いがちです。

プリペイド携帯は審査なし

プリペイド携帯の契約では、そもそも審査がありません。

審査落ちとは無縁ですから携帯契約できない人におすすめです。

プリペイド携帯とはつまり、ブラックで携帯の審査が受けられなかったり、受けられても審査落ちの可能性が高い人の味方です。

プリペイドのスマホならアプリが使えますし、利用期間を自由に決められるので、使いたい時に使える端末として機能します。

対応端末は新旧揃いで選べますから、予算や希望と相談しながら楽しんで選択できます。

ブラックだとあれこれ諦めなければいけませんが、携帯すら持てないとなれば日常生活が不便です。

しかしプリペイド携帯は諦める必要がないので、携帯を持ちたいと考えている人に朗報です。

おすすめはプリペイド携帯の「リプリモ」

プリペイド携帯をお探しの方には、マンスリープリペイド携帯の「リプリモ」がおすすめです。

リプリモの携帯は月額料金がかからず、毎月25日までに来月分のリチャージをして、使うものになります。

リチャージは、銀行振込・コンビニ決済・クレジットカードのいずれかの方法で行います。

リプリモの携帯は審査なしで契約することができ、銀行口座もクレジットカードも不要で使えることがメリットです。

審査ありの携帯契約をするのが難しい人にも、おすすめできるサービスです。

その他のプリペイド携帯のおすすめ(審査に通らない人向き)

プリペイド携帯のおすすめ(審査に通らない人向き)

プリペイド携帯がおすすめな人は、ブラックで審査に通らないといった人です。

プリペイド携帯を提供している大手キャリアは現在、ソフトバンクのみです(auはプリペイドサービスを2018年に停止)。

ソフトバンクのシンプルプラン

市販の携帯でおなじみのソフトバンクとauもおすすめですが、ソフトバンクのシンプルスタイルには審査があります。

シンプルスタイルの審査は加入審査と呼ばれるもので、過去に契約履歴があってトラブルを起こしていないかどうかが確認されます。

通常の携帯の契約における審査とは違い、それほど厳しくありませんから、ソフトバンクと契約したことがないなら心配無用です。

SMSが使える上に、メールはし放題の太っ腹ですから、通常の携帯と比べても使い勝手に遜色はないでしょう。

ソフトバンクのプリペイド携帯の購入は、オンラインショップまたはソフトバンクショップ店舗で取り扱いしています。

シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)をご購入するお客さま | オンラインショップ | ソフトバンク

auのぷりペイドは審査なし

※auのぷりペイド携帯は、2018年11月に新規申し込みを停止し、2021年12月15日にサービスを終了しました。

対するauのぷりペイドは審査なしで使い始められる点が魅力です。

基本使用料は無料で、使った分だけチャージ分から引かれる仕組みになっています。

通話可能なエリアは全国で、固定電話やぷりペイド以外の携帯、PHPとも勿論通話可能です。

しかも、SMSが利用できたり海外とも通話OK、何時でも通常のau携帯に変更できるなど魅力が満載です。

ぷりペイド|製品|au

チャージはプリペイドカードで

チャージはプリペイドカードで

プリペイド携帯のチャージはソフトバンク、auのどちらもプリペイドカードで行う形ですが、最低3,000円あたりからとなっています。

カードには有効期限が設定されているので、購入したら忘れずになるべく早くチャージして使うのが良いでしょう。

auのプリペイドで注意が必要なのは、SMSは可能でもメールは使えないことです。

無料のメールアドレスを持っていれば、それを連絡手段として使えますが、キャリアのメールアドレスが欲しい人には不向きです。

ちなみに、SMSはどちらも同じキャリアの携帯に対してのみ送信可能で、他社とは受信のみ対応しています。

ソフトバンクは加入審査が少し気になる一方で、USIMの差し替えで市販の端末が使えたり、メールし放題が提供されるメリットがあります。

いずれもブラック向けのプリペイド携帯で、利用開始のハードルは低く、通常に限りなく近い携帯の使い勝手が得られます。

ブラックでも契約できるおすすめの携帯・スマホランキング

ブラックでも契約できるおすすめの携帯・スマホ会社ランキング5選を、ランキングで紹介します。

1位.誰でもスマホ

誰でもスマホは、10年間で2万人の携帯ブラックの人を支援してきた実績のある、信頼性の高い業者です。

コンビニ決済に対応(クレカ・口座なしでもOK)

誰でもスマホの料金は、コンビニ決済で支払うことができます。

クレカ・口座なしでも契約ができるので、携帯ブラックの人にとってもおすすめのサービスです。

公式サイトでも「独自の基準で、ほぼ誰でも契約できる」といった文言が確認できます。

最安プランの月額料金が2,980円~と格安になっており、携帯ブラックの人にとってもこの上ないスペックと言えるでしょう。

docomo回線が利用可能

「誰でもスマホ」では、docomo回線を利用することができます。

審査なしで契約できる携帯電話というと、繋がりにくいイメージかもしれません。

docomo回線は99.9%の人口カバー率であることから、繋がりやすさは問題ないと言えます。

審査なしでストレスなく携帯電話を利用することができるところも、「誰でもスマホ」の魅力です。

2位.だれでもモバイル

審査なしで自分名義の携帯電話を所有したい方には、「だれでもモバイル」もおすすめです。

「だれでもモバイル」がおすすめの理由を下記で解説します。

本人確認と銀行口座のみで契約

「だれでもモバイル」では、「本人確認が証明できる」こと、「銀行口座を持っている」ことで契約することができます。

各種身分証明書、銀行口座番号等が分かれば、審査なしでWEBから申込むことができるため、ブラックでも安心して申込むことができるでしょう。

初月0円で契約可能

「だれでもモバイル」は、事務手数料や口座登録料、初月の月額料金が無料です。

契約時には、2か月目の月額料金の前払いが必要ですが、最も安い「3Gプラン」であれば3,000円のみで契約することが可能になります。

二か月目の料金を前払いすることができれば、審査なしで2か月は確実に自分名義の携帯電話が利用できるサービスは他にはない特徴でしょう。

3位.楽天モバイル

4位「楽天モバイル」

楽天モバイルは、楽天回線エリアであればデータが無制限に使える新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」が話題になっています。

月額2,980円からの格安SIMで、最低利用期間や解約金の縛りがなく、先着で契約から1年間の月額料金無料キャンペーンをやっています。

ただ楽天回線エリアは東京や大阪などの大都市部周辺地域となっており、それ以外はパートナー回線となるため、月間5GBまでとなります。

クレジットカードの他、口座振替での契約もできるので、クレジットカードがない方や審査が不安な方におすすめです。

4位.ワイモバイル(Ymobile)

2位「ワイモバイル(Ymobile)」

ソフトバンク系のワイモバイルは、街の身近なショップや取扱店か、オンラインストアで契約を始めることができます。

新規契約の場合は、本人名義のクレジットカードと本人確認書類、認印を含む印鑑を用意します。

カードを持っておらず、口座振替で支払いたいなら、キャッシュカードや通帳と銀行の届け印が使えます。

契約時に加入審査はありますが、各社のブラックリストに含まれていなければ、そこで弾かれる恐れは小さいと思われます。

むしろ、契約できないケースの大半は書類の不備や名義のミスマッチですから、1つずつ確認して書類の提出を行えば契約の確実性がアップします。

同一世帯で複数回の契約履歴がある場合も、同様に弾かれやすくなるので、この点も問題がなければ前向きに契約の申し込みができます。

5位.ラインモ(ソフトバンクの格安プラン)

ラインモは大手キャリアのソフトバンクが提供するスマホの格安プランです。

月間20GBという大容量のデータ通信を2,480円(税抜き)で利用できます。

大手キャリアと同じ品質のサービスを、格安SIMと大差のない料金で利用できるお得なプランです。

格安プランなので、通常のソフトバンクよりは審査がゆるくなっているので、審査が不安な人にもおすすめです。

ブラックでも持てるおすすめの格安SIMはこちらで紹介

大手キャリアの携帯・スマホで審査落ちになる理由

大手キャリアの携帯・スマホで審査落ちになる理由

大手キャリアの携帯やスマホの契約で審査落ちする理由は、スマホ端末の分割払いの審査で返済能力が十分でないと判断されることです。

審査時に信用情報の照会がある

端末の分割払いの契約は専門用語で割賦販売契約といいますが、審査時に信用情報機関に照会が行われるので、借り入れで未払いなどがあればブラックとみなされます。

他にも、過去に携帯の利用料を滞納していたり、トラブルを起こして強制的に解約された履歴も審査に響きます。

大手キャリアの契約や信用情報は、長期的に保管されたり共有が行われているので、他社で未払いで滞納したことがあると、他で契約を申し込んでも審査で落とされます。

滞納分がそのままの状態は信用情報に傷がついた状態が続くので、本気で契約を望むなら未払い分を支払うことが先決です。

クレジットヒストリーも審査対象?

携帯やスマホの利用で心当たりがない場合は、それ以外の理由でブラックと判定されている可能性が大です。

最も考えられるのはクレジットカードで、いわゆるクレジットヒストリーに傷があると審査落ちになりやすいといえます。

逆にクレジットヒストリーに履歴がない人も、信用を評価する情報が不足するので、ブラックでなくても審査で落ちやすくなります。

更に支払い能力が低く評価されるほど収入が厳しかったり、携帯やスマホの不正利用も理由になり得るので要注意です。

まとめ

プリペイド携帯は通常の携帯・スマホ契約のような審査をせずに持つことができます。

モノによっては本人確認書類などの提出が必要ですが、それでも大手キャリアのスマホ審査よりはずっと簡単な手続きとなります。

信用情報の審査が不安な人はプリペイド携帯の他に、格安SIMもおすすめです。

大手キャリアの審査と違い、格安スマホの一括払いなら信用情報のチェックはなく、月額利用料もお安くできます。

コメント

  1. バカ管理人 より:

    嘘の情報ブログに載せんなバカ。プリペイド携帯でも審査あるわ。知ったかで語んな

  2. 匿名猫太郎 より:

    大手3社の携帯事業者の悪態過ぎる審査など、セカンドブランドやサードブランドや他の携帯事業者も悪態過ぎる審査で申し込み者を落とす事
    ブラックや滞納者であろうと本来申し込み者を審査して悪態落としをする行為事態を違法行為として国や岸田政権は、また新たに法案を成立させるべきだ、特に今現在携帯電話が支流になり普通の家電話機がなくなってきている、その事をまずよく考えるべきだ、その上で携帯電話事業者に対して国が強い縛り付けの対策案を成立させるべきだ、申し込み者に対して審査に落としたりする行為や断る事は、一切禁止する法案や契約できたがブラックや滞納者だからと言って通信停める行為や強制解約など、含む行為の一切禁止や審査の時に他の事業者と連携や確認する行為やCICなどクレカ事業者に情報提供や紹介する行為事態を全て禁止する法案を成立させるべきだ、情報提供や紹介などする行為事態個人情報保護法に違反しているよね、このような事している大手3携帯事業者やその他携帯事業者など含むに言いたい情報提供や紹介や確認しないと何一つできないのかね、審査の時な悪態落としやブラックや滞納者だからと言って差別的審査で落とす行為や情報提供や紹介や確認しないと何一つできないのならこの携帯事業から身を引くべきだろうね、この今の時代に日本の国民に全てに携帯電話を契約させるべきだろうね、未成年以外の者達にはね、そう言う事しているから日本の企業は時代おくれとか言われたり馬鹿にされるんだ携帯電話事業者全てに言う、審査の悪態落としや拒否や断る行為は、一切やめろ
    申し込み者全ての契約を成立させろ
    後各事業者で連携や情報提供や紹介する行為も一切やめろ、個人情報保護法に違反しているぞ、滞納者やブラック者でも申し込み者に対しても契約成立させろ、今言った事が現実にならないのなら、国や岸田政権や政府によって必ず指示や命令がでる強い縛り付けの対策案が今にでてくるだろうね、毎月国に情報提供させていただいてますので、その時に法案など、含む対策案を成立するお願いをしたり悪質悪態携帯事業者を教えてますのでまずソフトバンク.au.ドコモ、各セカンドブランドや格安携帯事業者など、現時点でまともな携帯事業者なて一切無いね

タイトルとURLをコピーしました