ブラックOK

ブラックでも借りれる携帯電話|審査の甘いおすすめ格安SIM・スマホ会社


ブラックでも借りれる携帯電話|審査の甘いおすすめ格安SIM会社

管理人
管理人

スマホ(携帯)はブラックの人でも持つことができます。

ただし、信用情報がブラックだと携帯電話・スマホ契約の審査に通る場合と通れない場合があるので、注意が必要です。

このページでは、ブラックの人が携帯電話・格安スマホ(SIM)を作る方法について詳しく解説していきます。

順位 サービス名 特徴
1位 LINEモバイルラインモバイル

口座振替:☓

クレジットカード:◯

ラインペイ:◯

ブラックでも審査に通るチャンスあり。月額600円~でイチオシ。

詳細へ飛ぶ▼

2位 ワイモバイル(Ymobile)ワイモバイル(Ymobile)

口座振替:◯

クレジットカード:◯

デビットカード:◯

口座振替・クレジットカードで支払い可能。ソフトバンクグループの会社。

詳細へ飛ぶ▼

3位 楽天モバイル楽天モバイル

口座振替:◯

クレジットカード:◯

デビットカード:◯

口座振替、デビットカード、クレジットカード、楽天ポイントで支払い可能。審査に通りやすい。

詳細へ飛ぶ▼

4位 ロケットモバイルロケットモバイル

口座振替:☓

クレジットカード:◯

デビットカード:◯

デビットカードでも支払いできる。ポイントを貯めて、通信費がお得になる。

詳細へ飛ぶ▼

5位 TONE MOBILE(トーンモバイル)TONE MOBILE(トーンモバイル)

口座振替:◯

クレジットカード:◯

デビットカード:◯

詳細へ飛ぶ▼

6位 ビッグローブモバイルビッグローブ
モバイル

口座振替:◯

クレジットカード:◯

デビットカード:◯

口座振替かクレジットカードで支払い可能。比較的審査が甘い。

詳細へ飛ぶ▼

7位 DTI SIMDTI SIM

口座振替:◯

クレジットカード:◯

デビットカード:☓


詳細へ飛ぶ▼

8位 LIBMO(リブモ)LIBMO(リブモ)

口座振替:◯

クレジットカード:☓

デビットカード:☓

詳細へ飛ぶ▼

携帯電話は「審査なし」で契約できる?

携帯電話に「審査なし」はある?

大手キャリア(au、DOCOMO、ソフトバンク)のスマホ契約に審査は必ずあります。

携帯電話を契約する際には、高額な端末を分割払い(割賦販売契約)をする場合に、アナタの信用情報を確認する必要があるためです。

割賦販売契約には審査が必要

特に携帯電話やスマートフォン本体を割賦契約で購入し、毎月通信料と合わせて支払う契約の場合などは、信用調査に準じた審査が行われます。

審査では、様々なクレジットやローン等の実績や借り入れの状態などが調査されることも多いので注意が必要です。

一般的に携帯電話会社は積極的に契約をしようとするため、これらの審査はあまり厳密ではないと考えられることも多いです。

しかし実際にはいくつかのポイントがあり、各携帯会社の審査基準を満たしていないと契約をすることができない場合も少なくありません。

信用情報が大事

信用情報が大事

携帯電話・スマホの契約を行う際には自分自身の信用状態がどのようになっているかを知っておくことも非常に重要なポイントとなっています。

銀行・消費者金融などからお金を借りる審査とは着眼点が異なるものですが、信用情報機関などを利用し経済状態などをチェックする点では同じです。

そのため、自分の携帯電話の支払い状況などを事前に確認し、滞りなく支払うことができているかを確認することが必要です。

携帯電話各社による審査項目の違いや難易度はあっても、全く審査をしないと言うところはほとんどないと考えられます。

格安SIMは審査なし?

管理人
管理人

格安SIMの契約をする場合は、実質的に審査なしで契約することができます。

格安SIMは大手キャリアのように高額な端末の割賦契約がなく、一括払いでの購入となるので、支払い能力の審査がないからです。

ただ格安SIM各社の裁量によって、簡単なチェック項目はあると考えられます。

会社によっては契約をするのに必ずクレジットカード払いが条件となっているところもあるので、クレジットカードを持っていたほうが格安SIMの契約には有利です。

携帯ブラックでも借りれる携帯・格安SIMおすすめ8社

順位 携帯会社 特徴
1位 LINEモバイルラインモバイル ドコモ・ソフトバンク・auから好きな回線を選べる。データフリーオプションでLINE/主要SNSが使い放題。
詳細へ飛ぶ▼
2位 ワイモバイル(Ymobile)ワイモバイル(Ymobile) 現金キャッシュバックキャンペーン。ワイモバ学割あり。機種代込みで格安。
詳細へ飛ぶ▼
3位 楽天モバイル楽天モバイル Rakuten UN-LIMITのプランは、楽天回線エリアなら無制限、パートナー回線エリアは5GB/月のデータ通信ができる。
詳細へ飛ぶ▼
4位 ロケットモバイルロケットモバイル ポイントを貯めて、通信費がお得に。ドコモ回線を使用しており、業界最安級の月額。
詳細へ飛ぶ▼
5位 TONE MOBILE(トーンモバイル)TONE MOBILE(トーンモバイル) 月額1,180円~で3つのかけ放題オプション。NTTコミュニケーションズが運営。
詳細へ飛ぶ▼
6位 ビッグローブモバイルビッグローブ
モバイル
豊富なオプションであなた好みに使える。au、ドコモの回線を使用。パケットの翌月繰越可能。
詳細へ飛ぶ▼
7位 DTI SIMDTI SIM 豊富なオプションであなた好みに使える。au、ドコモの回線を使用。パケットの翌月繰越可能。
詳細へ飛ぶ▼
8位 LIBMO(リブモ)LIBMO(リブモ) 豊富なオプションであなた好みに使える。au、ドコモの回線を使用。パケットの翌月繰越可能。
詳細へ飛ぶ▼

携帯ブラックとは過去に携帯電話の電話料金を滞納してトラブルとなったり、そのために電話を解約されたりといった問題が発生したことのある利用者を指します。

このような履歴は信用情報に登録されることとなり、携帯の契約の際には支障をきたすことも少なくありません。

しかしこのような状態であっても、比較的に甘い審査で契約をすることができる携帯電話会社があります。

携帯ブラックにもおすすめのゆるい格安SIMの会社として、

1位「ラインモバイル」
2位「ワイモバイル(Ymobile)」
3位「楽天モバイル」
4位「ロケットモバイル」
5位「TONEモバイル」
6位「ビッグローブモバイル」
7位「DTI SIM」
8位「LIBMO(リブモ)」

の8社を紹介します。

1位「ラインモバイル」

1位「LINEモバイル」

大手キャリアよりも審査に通りやすい

ラインモバイルの契約には大手キャリアのような信用情報の審査はなく、審査落ちの不安がある方にもおすすめです。

大手キャリアでは高額な端末を分割払いで支払うことがほとんどですが、ラインモバイルのような格安SIMは一括払いで契約をすることになります。

大手キャリアの審査だと過去の携帯料金の支払いや解約の履歴など、信用情報の細かい部分にまでチェックが入るのです。

支払い方法はクレジットカードの他に、ラインペイでもできます。

ソフトバンク・ドコモ・au回線から選べる

管理人
管理人

ラインモバイルはソフトバンク・ドコモ・au回線から好きな回線を選べます。

よって大手キャリアから同じ回線に乗り換える場合や、すでにお持ちの端末にSIMカードを挿入して使う場合でも、SIMロック解除が不要で使える場合がほとんどです。

月額の基本料金にプラス280円~480円で、データフリーオプションを利用でき、LIMEやTwitter、InstagramなどのSNSがデータ通信量の消費なしで閲覧できます。

CMでノリノリの本田翼さんのように、SNSや音楽を格安で楽しみたい方におすすめのラインモバイルです。

2位「ワイモバイル(Ymobile)」

2位「ワイモバイル(Ymobile)」

ワイモバイル(Ymobile)はソフトバンク傘下の激安通信会社です。

格安SIM会社でありながらソフトバンクグループであるワイモバイルは、通信制が非常に高くなっており、安心して利用できます。

また「キャリアメールができない」「キャリア決済ができない」といった格安SIMならではのデメリットがありますが、ワイモバイルはどちらのサービスも利用できるので、心配ありません。

クレジットカードの他、口座振替でも利用料の支払いができます。

キャッシュバックキャンペーンや学割プランを使えば、さらにお得に契約ができます。

3位「楽天モバイル」

4位「楽天モバイル」

楽天モバイルのプラン「Rakuten UN-LIMIT」は月額2,980円で、楽天回線エリア内なら無制限でデータ通信ができます。

パートナー回線エリアであれば5GB/月のデータ通信となります。

Rakuten Linkアプリで国内通話がかけ放題になるのも大きなメリットです。

相手がRakuten Linkを利用していなくても、自分の電話番号でかけられるので通話で困ることはありません。

4位「ロケットモバイル」

5位「ロケットモバイル」

通話プランが月額948円~

ロケットモバイルは月額948円~という業界最安クラスの通話プランがあります。

こちらは低速通信のプランとなりますが、通信容量が1GB~20GBまでのプランも比較的安い料金で利用できます。

月額料金が安く、審査の甘い会社をお探しの方にはおすすめの1社です。

ポイントを貯めてお得に利用

ロケットモバイルには、1ポイント=1円として利用できるポイントプログラムがあります。

ポイントを貯めることで、たださえ安い月額料金から割引ができるので、通信費を0円にすることもできます。

ポイントはアプリのダウンロードや会員登録、アンケートへの回答で貯まります。

5位「TONE MOBILE(トーンモバイル)」

5位「TONE MOBILE(トーンモバイル)」

トーンモバイルは月額1,000円でギガを減らさずにインターネット通信ができる格安SIMです。

ただし動画視聴やアプリのダウンロードにはWi-Fi接続かチケットの購入が必要になります。

Wi-Fi環境が充実していれば、必要な時だけ無駄なくデータ通信ができるスマホとなります。

ドコモ回線を使用しているので、つながるエリアにも心配ありません。

iPhone端末を使ったTONE SIM(for iPhone)も月額1,500円で契約できます。

6位「ビッグローブモバイル」

3位「ビッグローブモバイル」

口座振替でも支払い可能

ビッグローブモバイルは審査に通りやすく、口座振替でも支払い可能なので、クレカをお持ちでない方にもおすすめです。

クレジットカードがないと契約できない携帯会社もあるので、口座振替でも対応してもらえるのは、とても助かります。

信用情報が悪く、審査が不安な方でも審査通過の可能性が高いです。

格安スマホ顧客満足度で第1位

ビッグローブモバイルはオリコン調べによる、2019年の格安スマホ顧客満足度で第1位に輝きました。

Webサポートや問い合わせ窓口などのサポート体制が充実しています。

プロバイダ歴25年という実績があるからこそ実現できる、豊富なサービス・オプションが用意されています。

7位「DTI SIM」

7位「DTI SIM」

DTI SIMは月額1,200円からの音声プランが使えるドコモ回線の格安SIMです。

月額820円のおとくコールのオプションを利用すれば、10分以内の国内通話がかけ放題になります。

DTI会員の特典サービスとして、ホテルやレストランをお得に利用できる特典もあります。

MNPにも対応しており、番号そのままでキャリアからの乗り換えもできます。

8位「LIBMO(リブモ)」

8位「LIBMO(リブモ)」

LIBMO(リブモ)は月額580円~で利用できる圧倒的に安い格安SIMです。

NTTドコモのLTE回線を使用しており、大手キャリアのスマホと変わらない通信エリアでの使用が可能です。

契約解除料0円で最低利用期間がないというメリットもあり、とにかく安く使いたいという方におすすめです。

大手キャリアから格安スマホ・SIMへの乗り換え(MNP)の手順

大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・AU)からの乗り換え(MNP)の手順

大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)から格安SIM(スマホ)に乗り換える場合には、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)の利用で、電話番号がそのままで乗り換えることができますが、その手続きについて見てみましょう。

MNPの申請カードを移行先の会社に渡す

新たに契約をする格安SIMで携帯番号の引き継ぎをするには、大手キャリアでMNPの申請カードを発行してから、格安SIM会社で手続きをする必要があります。

その理由は格安SIM会社のすべてがドコモ・ソフトバンク・auの大手3社の回線を利用しているためです。

それぞれのサービスの内容により実際の手続きが異なってしまうため、これを表面上1通りにするために、申請カードによるやりとりが一般的なルールとなっています。

事前に電話番号の移行を知らせる

例えばワイモバイルはソフトバンクの通信回線を利用してサービスを展開していることから、電話番号の管理もソフトバンクと連携して行います。

そのためソフトバンクからワイモバイルにMNPで乗り換える場合には非常に手続きが簡単に済む上、内部で情報を共有されるので、非常に契約作業もスムーズに終わることになります。

しかし回線の異なる会社同士の場合には、様々な設定の手続き等があり、手間がかかることがあります。

MNPの申請カードの発行で、事前に電話番号の移行を知らせて、その手続きを行っておかなければならない場合もあり、そのために申請カードを発行してもらうことに大きな意味があります。

ブラックでクレジットカードがない場合の解決策

ブラックでクレジットカードがない場合の解決策

携帯料金を口座振替にする

ブラックでクレジットカードがない場合でも、支払い方法を口座振替に指定することで、携帯契約ができるようになります。

この場合にはクレジットカードの審査が行われないので、ブラックであっても問題なく契約をすることが可能になる場合が多いのです。

ただし口座振替の場合にはすぐに手続きを行うことができる会社とそうでない会社があります。

すぐに口座振替の手続きを行うことができない会社の場合には契約を進めることができないケースもあるので注意をしなければなりません。

これは会社によるほか、契約を行う店舗によっても違いがあるので注意が必要です。

スムーズに口座振替の手続きができる店舗もある

口座振替の手続きを非常にスムーズにできるようにする仕組みの店舗もたくさんあります。

これらの店舗ではキャッシュカードをスキャンするだけで口座振替の手続きをすることができるようになっており、その口座の取引状況や様々な審査等が同時に行えるようになっています。

携帯電話の契約においては自動引き落としができる口座の存在は非常に重要な信用情報となるため、これを持って審査が完了と言うところも多いのです。

事前にこのような仕組みを調べて契約をするところを選んでおくと、簡単に契約をすることができるので覚えておくと便利です。

クレジットカードがなくても、口座振替を指定すると比較的簡単に携帯電話を契約することができます。

ブラックでも契約できる格安SIM会社に戻る▲

口座振替で契約OKな審査の甘い格安SIM

口座振替で契約OKな格安SIM

口座振替で契約ができる、審査の甘い格安SIM会社を利用するのも狙い目です。

一般的に通信会社の場合には契約事務手数料やこれに付帯する事務費用等が契約時に必要になり、これを手付金として契約をすることが多いです。

クレジットカード払いの会社が多いですが、これらの費用がすべて口座振替でできるゆるい携帯会社も最近増えています。

楽天モバイルトーンモバイルなど、最近では格安SIM会社も非常に多くなっており、これらの会社のほとんども事務手数料は口座振替で支払うことが可能です。

まとめ

携帯ブラックでも、格安SIMの会社を選ぶことで契約が可能になります。

格安SIMは一括購入となることが一般的なので、信用情報の審査なしで格安スマホをもつことが出来るのです。

-ブラックOK

© 2020 ブラック融資【公式】 30年後の同窓会でもOKのおすすめ消費者金融