PR

先払い買取「アイマーケット」はiPhone現金化業者!口コミ・評判や在籍確認の詳細を解説!

管理人
管理人

こんにちは。サイト管理人の白畑(@dousoukaida)です。

使わなくなったiPhoneを先払いで買取してくれる、先払い買取業者「アイマーケット」。

i-Market(アイマーケット)は、今すぐ現金が欲しいという方たちに支持されている、今注目のiPhone専門の買取サイトです。

i-Market(アイマーケット)では、iPhoneの写真を送るだけで換金できて、即日で振り込んでもらえるフォトキャッシュというサービスが特徴的です。

ここでは、そんなアイマーケットを利用したいと考えている方へ

  • i-Market(アイマーケット)の口コミ・評判
  • i-Market(アイマーケット)で先払い買取する流れ
  • i-Market(アイマーケット)の審査

について徹底解説していきます。


先払い買取「アイマーケット」の口コミ・評判(5chを参照)

5chなどの口コミサイトに投稿されている、アイマーケットの口コミ・評判をまとめました。

良いものと悪いものに分けて、それぞれ解説いたします。

それぞれ紹介していきます。

悪い口コミ

  • アイマーケット写真送ってから全く動き無し。同じ人っているんですか?
  • スマートがアイマーケットになっただけ。スマートは、今はやっていない。

アイマーケットは写真を送ったが返答がない、スマート系列ではないなか、などの投稿が見受けられました。

しかし、アイマーケットの口コミや評判は比較的肯定的なものが多い傾向です。

まだ新しい先払い業者であるため、早さや誠実さに力を入れていることがわかります。

良い口コミ

  • アイマーケット審査通った!契約書までヒアリング無しでLINEで完結する
  • 電話でヒアリングとか他者利用などは聞かれなかった
  • アイマーケットは通帳無しでもOK。給料明細のみだった
  • アイマーケットは爆速だった

アイマーケットは審査が甘く、さらに振込もスピーディーだったという口コミが多く見受けられました。

アイマーケットは即日現金化におすすめ!

アイマーケットは、iPhoneを買取する先払い業者です。

アイマーケットの特徴や即日の現金化に向いている理由と、以下の項目についてまとめました。

  • フォトキャッシュについて
  • 買取できるiPhoneについて
  • iPhoneの買取価格
  • 選べる3つの買取方法
  • 振込時間について

それぞれ解説していきたいと思います。

フォトキャッシュについて

アイマーケットでは、iPhoneの写真を撮影して送るだけで現金化できる「フォトキャッシュ」といったサービスを展開しています。

フォトキャッシュは、売りたいiPhoneを撮影した後、アイマーケットに送るだけで査定してもらえ、その査定額が即日で振り込まれる画期的なサービスです。

手元に現金はないけれど、iPhoneはあるという方にはおすすめの買取方法といえるでしょう。

買取できるiPhoneについて

アイマーケットでは、新品同様のiPhoneだけでなく、「画面割れ」や「残債あり」、「古いiPhone」なども買取してくれます。

アイマーケットのホームページには売りたいiPhoneの支払が分割中でも買取可能と記載されているほか、画面割れなどのiPhoneも自社特有のジャンク相場にて高価買取するという記載が確認できます。

“iPhoneを売りたいけれど、この状態だと無理かもしれない…”と悩んでいる方は、アイマーケットに相談してみてはいかがでしょうか。

iPhoneの買取価格

アイマーケットのホームページを参考に、iPhoneの買取金額の参考価格をまとめてみました。

iPhone 121 30,000円〜
iPhone11 25,000円〜
iPhone11pro 27,000円〜

最新かつ新品同様のiPhoneは特に高額買取になり、全体的に業界最高水準の買取価格でiPhoneを査定してくれます。

使っていないiPhoneが思わぬ価格になる可能性もあるので、アイマーケットに相談してみてはいかがでしょうか。

選べる3つの買取方法

アイマーケットでは、以下の3つの買取方法から選べます。

  • フォトキャッシュ
  • 郵送買取
  • 店頭買取

郵送買取のみ対応という業者も多い中、店舗が近い人は直接お店に持ち込むこともでき、自身に合った方法で気軽に利用できます。

振込時間は最短15分

アイマーケットのフォトキャッシュを利用した場合、最短15分で即日現金化が可能です。

申込フォームへの記入や査定時間など多少時間がかかってしまうかもしれませんが、スムーズに審査が進めば即日ですぐに現金化を手に入れることができるでしょう。

今すぐ現金が欲しいと考えている方にとって、アイマーケットのフォトキャッシュサービスは心強い味方になってくれるはずです。

先払い買取「アイマーケット」で現金化する流れ

ここでは、アイマーケットのフォトキャッシュサービスで現金化する流れをまとめています。

  1. アイマーケットの公式サイトにアクセス
  2. フォトキャッシュサービスの申込をする
  3. 記入必須事項を全て埋めて送信する。
  4. 審査通過後、売りたいiPhoneの画像を送信する。
  5. 査定結果が出る
  6. 納得できたら指定口座に査定金額が振り込まれる
  7. 買取してもらう予定のiPhoneを7日以内に郵送する

アイマーケットで即日現金化する場合の流れがこれらになります。

一方、郵送買取の場合はアイマーケットのホームページの下部にある「買取シートのダウンロードはコチラから」といった部分をクリックし、それを記入して送信する流れになります。

後払い(ツケ払い)と先払いの違い

後払い現金化と先払い買取はどう違うのか、簡単に表にまとめました。

手順 先払い 後払い
査定してもらう 商品購入契約
査定額の振込 キャッシュバックをもらう
買取予定の品を発送 商品代金を後払い

アイマーケットは後払い現金化ではなく先払い買取業者ということを理解して利用しましょう。

アイマーケットはキャンセルも可能

i-Market(アイマーケット)では、先払いで現金を受け取った後でもキャンセルすることが可能です。

キャンセル方法は、アイマーケット側から振り込まれた買取金額に40%〜のキャンセル料を支払えば成立します。

また、商品を7日以内に送らない場合もキャンセル料が発生します。

何らかの理由でiPhoneを売ることができなくなったなど、トラブルが発生した際でもキャンセルはできるので安心です。

買取キャンセル後の再契約

アイマーケットでは買取キャンセルをした後の再利用(再契約)は基本的には可能です。

それまでの取引で買取キャンセルをしていたとしても、キャンセル料を問題なく支払ってトラブルなく取引を行っているなら再契約は可能といえます。

キャンセル料が未払いといった状態であれば再契約は難しくなるでしょう。

先払い買取「アイマーケット」の審査は甘い!

アイマーケットの審査は、一般的な金融業者と比較すると甘いことで知られています。

アイマーケットの審査についてこれら項目にまとめてみました。

  • アイマーケットの審査基準
  • 審査が甘い理由
  • 審査落ちする人

それぞれ解説していきたいと思います。

アイマーケットの審査基準

アイマーケットでは、本人確認と安定した収入があるかが審査されるといわれています。

申込フォームには、毎月の家賃やローン、勤務会社や雇用形態、給与振込日、健康保険加入状況などを記載するフォームがあるため、モレなく記入されている必要があるでしょう。

アイマーケット側で詳しい審査内容は提示されていませんが、これら情報をもとに審査されるためモレなく提出できるように準備しておきましょう。

アイマーケットの必要書類

アイマーケットの審査に必要になる書類をまとめました。

  • 顔写真付きの身分証明証
  • 健康保険証
  • 直近2ヶ月分の給与明細
  • 直近2ヶ月分の給与振込がわかる銀行口座
  • 身分証明証と本人が写ったIDセルフィー

審査が甘い理由

アイマーケットの審査が一般的な金融機関と比較すると甘いのは、審査で信用情報が照会されないためです。

またiPhoneの買取サービスなので、融資のように、収入などの細かな審査が行われません。

そのため、滞納をしていたり他者での借入金額が多いブラックや債務整理、自己破産など、そういった方でも審査に通過します。

ブラックなのでどこからもお金を借りれずに困っているといった方は、アイマーケットがおすすめです。

アイマーケットの公式サイトを見る

審査落ちする人

アイマーケットの審査は甘いですが、中には審査落ちする人もいます。

審査に落ちる人の特徴としては、申込フォームや必要書類に虚偽がある、また、安定した収入が証明できないとか無職の方です。

アイマーケットは先払い買取で現金化できる業者であるため、申込者の「信頼」が重要になります。

公式ホームページには審査に落ちる人について明確に記載されていませんが、現金化したい方はこれらの特徴に当てはまらないように注意しておきましょう。

アイマーケットは在籍確認なし

アイマーケットは在籍確認がありません。

アイマーケットの公式ホームページにも在籍確認について詳しく記載されていません。

よって職場はもちろん、家族や知人、友人に知られることなくアイマーケットで現金化をすることができるでしょう。

アイマーケットは土日も対応可能

アイマーケットのスマホ買取は土日も手続き可能です。

一般的に平日は忙しくて、手続きをする余裕がない人も多いため、土日も対応してもらえる点は、非常に便利と言えます。

即日買取による入金も可能なので、週末に緊急でお金が必要になった場合にも現金調達ができるでしょう。

アイマーケットのデメリット2つ

ここからはアイマーケットのデメリットを3つ紹介していきます。

  1. キャンセル料が高い
  2. フォトキャッシュだと買取額が低め

それぞれ解説していきましょう。

1.キャンセル料が高い

アイマーケットでは、キャンセル料が買取価格の40%以上かかります。

仮にフォトキャッシュにて50,000円の査定額が提示され、振り込まれた後にキャンセルすると「50,000円+20,000円=70,000円」をアイマーケット側に振り込まなければなりません。

キャンセル料が高めとなっているので、アイマーケットで現金化する際にはよく考えてから申し込むようにしましょう。

2.フォトキャッシュだと買取額が低め

アイマーケットのフォトキャッシュは、店頭買取と郵送買取と比較して査定額が低めに設定されています。

そのため、とにかく即日現金化したい方にとってはメリットですが、高額な買取査定額も期待している方にとってはデメリットになってしまうでしょう。

アイマーケット以外の現金化業者も見てみたい方は、以下の業者一覧ページをご確認ください。

おすすめの現金化業者一覧を見る

アイマーケットのメリット4つ

ここからはアイマーケットのメリットを6つ紹介していきます。

  1. 写真を送るだけなので簡単
  2. 最短15分で現金化
  3. 壊れていても買取可能
  4. 業界最高水準の査定額

それぞれ解説していきたいと思います。

1.写真を送るだけなので簡単

アイマーケットのフォトキャッシュは、売りたいiPhoneの写真を送るだけで現金化できるため簡単です。

手間をかけずにすぐに現金化できる上、買取予定のiPhoneは7日以内にアイマーケット側に送ればよいので余裕を持って作業ができます。

2.最短15分で現金化

アイマーケットのフォトキャッシュは、最短15分で振込されるというスピーディーな現金化がメリットです。

申込フォームや本人確認書類に不備がなく、スムーズに審査が進めばすぐに現金を手に入れることができます。

現金が必要になる緊急時に使いやすい嬉しいサービスです。

3.壊れていても買取可能

アイマーケットでは新品同様のiPhoneだけでなく、壊れているiPhoneや残債が残っているiPhone、古いiPhoneでも買取が可能です。

画面がボロボロになった使っていないiPhoneや、変えたばかりで残債が残っているiPhoneも買取対象となるため安心して査定に出すことができます。

4.業界最高水準の査定額

アイマーケットは業界最高水準の金額でiPhoneを買取してくれます。

アイマーケットの公式ホームページによると、海外でも独自の販売ルートを確立している強みがあると記載されているため、相場が高めに設定されているとのことです。

即日現金化としてだけでなく、iPhone自体を高く買取してもらいた方にとってもメリットのある買取業者でしょう。

先払い買取「アイマーケット」の運営会社

アイマーケットの運営会社についてまとめてみました。

運営会社 株式会社LST
代表者 佐藤和成
本社所在地
東京都杉並区和田3-56-12
営業時間 10時~19時(年中無休)
古物商許可証 第304412118897号
公式サイト アイマーケット(i-Market)

アイマーケットは公式サイトに住所や古物商許可証がハッキリと明記されています。

その他に「当サービスは顧問弁護士監修のもと適切に運用されております」と記載されているため安心して利用できるでしょう。

また、後払い現金化業者のスマートやエコペイ(廃業)とアイマーケットが同系列ではないかと口コミなどでいわれています。

まとめ

アイマーケットは手元にあるiPhoneの画像を送るだけで即日現金化できる、便利なサービスを展開する先払い業者です。

メリットも多く、口コミや評判もよいので安心して利用できるでしょう。

ぜひこちらの記事を参考に、アイマーケットの利用を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました